Loading...
e-VISAとは

選択できるVISAは3種類

※観光でインドに訪れる場合 ※日本国籍の方

観光VISA e-VISA アライバルVISA
取得方法 オンライン申請後インド大使館または領事館に必要書類を提出 オンライン申請 到着空港のビザカウンターにて申請書を提出
取得時期 書類提出から2営業日後 インド入国4日前まで 到着日
有効期間 発給日より180日間 ※1 ビザ承認日より30日/1年/5年 ※2 入国から60日間
入国可能回数 制限なし 制限なし ※3 2回
入国可能空港 制限なし 28空港、5港(下記参照) 6空港(下記参照)
取得費用 1,250円 ※2019/08/26料金改定 25USドル(約2,800円) ※4 2,000ルピー(約3,500円)

※1→インドでの各滞在は、それぞれ連続滞在日数90日を超えてはいけません。
※2→インドでの各滞在は、連続滞在日数180日を超えてはいけません。
※3→30日を選択した場合はDouble(2回)
※4→30日を選択した場合、4〜6月申請→10USドル(約1,100円)、7〜3月申請→25USドル(約2,700円)


e-VISA 入国可能空港

【空港 / 28箇所】
デリー(Delhi)、ムンバイ(Mumbai)、チェンナイ(Chennai)、コルカタ(Kolkata)、ハイデラバード(Hyderabad)、バンガロール(Bengaluru)、トリバンドラム(Trivandrum) 、コーチン(Cochin)、ゴア(Goa)、アーメダバード(Ahmedabad)、アムリトサル(Amritsar)、ガヤ(Gaya)、ジャイプール(Jaipur)、ラクナウ(Lucknow)、ティルチラパリ(Tiruchirapalli)、バラナシ(Varanasi)、バグドグラ(Bagdogra)、カリカット(Calicut)、チャンディーガル(Chandigarh)、コインバートル(Coimbatore)、グワハティ(Guwahati)、マンガロール(Mangalore)、ナグプール(Nagpur)、プネー(Pune)、ブバネシュワル(Bhubaneshwar)、マドゥライ(Madurai)、ポートブレア(Portblair)、ビシャカパトナム(Vishakhapatnam)

【港 / 5箇所】
コーチン(Cochin)、ゴア(Goa)、マンガロール(Mangalore)、ムンバイ(Mumbai)、チェンナイ(Chennai)

アライバルVISA 入国可能空港

【空港 / 6箇所】
バンガロール(Bengaluru))、チェンナイ(Chennai)、デリー(Delhi)、ハイデラバード(Hyderabad)、コルカタ(Kolkata)、ムンバイ(Mumbai)

インド旅行へ行くなら断然e-Tourisut VISA!

有効期限はなんと最長5年!

※2019年8月より大幅改定!
※30日/1年/5年から選択可能

入国回数制限なし!

※連続滞在日数180日まで!
※30日ビザの場合はDouble(2回まで)

e-VISAとは?

e-VISAはインドに入国する4日前までにオンラインでビザを申請、 ビザ発給承認を取り付けておき、インド到着時に生体認証を経てインドに入国する方法です。
インドビザは突然変更になることもあるので、到着後にビザを申請するアライバルビザよりも確実性が高いこと、また入国審査にかかる時間を短縮できるというメリットがあります。


e-VISA詳細

ビザ有効期間
※2019年8月改定
【観光/知人訪問】30日/1年/5年←NEW!!
【短期商用】365日間
注:ビザ承認日からの日数です。
注:インドでの各滞在は、それぞれ連続180日を超えてはいけません。(日本国籍の場合)

【会議参加】30日間
【短期病気治療/付き添い】60日間
注:インド到着日からの日数です。
入国可能回数
※2019年3月改定
【観光/知人訪問(30日)】Double(2回)
【観光/知人訪問(1年/5年)】Multiple(回数制限なし)
【短期商用】Multiple(回数制限なし)
【会議参加】Single(1回)
【短期病気治療/付き添い】Triple(3回)
上記ビザ有効期間内に限ります。
取得可能空港(28空港)、可能港(5港) 【空港】デリー(Delhi)、ムンバイ(Mumbai)、チェンナイ(Chennai)、コルカタ(Kolkata)、ハイデラバード(Hyderabad)、バンガロール(Bengaluru)、トリバンドラム(Trivandrum) 、コーチン(Cochin)、ゴア(Goa)、アーメダバード(Ahmedabad)、アムリトサル(Amritsar)、ガヤ(Gaya)、ジャイプール(Jaipur)、ラクナウ(Lucknow)、ティルチラパリ(Tiruchirapalli)、バラナシ(Varanasi)、バグドグラ(Bagdogra)、カリカット(Calicut)、チャンディーガル(Chandigarh)、コインバートル(Coimbatore)、グワハティ(Guwahati)、マンガロール(Mangalore)、ナグプール(Nagpur)、プネー(Pune)、ブバネシュワル(Bhubaneshwar)、マドゥライ(Madurai)、ポートブレア(Portblair)、ビシャカパトナム(Vishakhapatnam)
【港】コーチン(Cochin)、ゴア(Goa)、マンガロール(Mangalore)、ムンバイ(Mumbai)、チェンナイ(Chennai)
ビザ申請料 25USドル(VISA or Master Cardのカード決済)
※支払い手数料2.5%(0.62USドル)別途
※観光/知人訪問の30日間ビザは4〜6月:10USドル、7〜3月:25USドル
その他のビザ発給資格
  • インド国内に住居を持たず、また就労もしていない
  • 有効期限が6か月以上のパスポートを所持している
  • パスポートの余白が2ページ以上ある
  • 良好な財政状況にある方(帰国便のチケットの提示)
  • インド政府によって好ましくない人物とみなされない
注意事項
  1. パキスタン国籍やパキスタン出身ではない
  2. 外交・公用パスポートを所持していない
  3. 滞在期間の延長や他のビザへの変更は不可
注意事項
  • eツーリスト、eビジネスビザはインド入国の4日前までオンラインで申請することができます。
  • e-メディカル、e-メディカルアテンダント、e-カンファレンスビザは、到着日の4日前から120日前までにオンラインで申請することができます。例:9月1日に申請する場合、申請日の4日後の9月5日から申請日の120日後の1月2日までの到着日を選択できます。
  • インド出国の際の航空券が必要です。※ビザの有効期間が延びたことで現在はこの条件が緩和されたかもしれませんが、出国の際チェックインカウンターで帰国便確認の可能性があります。帰国日やインド出国日が決まっている場合はインド出国チケットをご用意された方が無難です。
  • e-VISAが承認されたパスポートを紛失または期限切れなどの理由により無効となった場合はビザも同様に無効となります。
  • 設定された期間内に入国しない場合e-VISAは無効となります。
  • 入国は原則ビザを申請したパスポートでする必要がありますが、 パスポートの有効期限が切れて新しいパスポートを発行された場合でもインドへの入国は許可されます。ただし、必ずビザが発行された古いパスポートも携帯してください。
  • 上記は日本国籍の方のビザ条件となります。
※ビザ申請料や連続滞在日数、入国回数条件は国籍によってが違う場合がありますので外国籍の方はご注意ください。

e-VISAの渡航条件

e-VISAの渡航目的

・観光や知人訪問
・短期商用
・会議参加
・短期の病気治療
・短期治療付き添い

※渡航目的によって滞在可能日数や入国回数が違いますのでご注意ください。

インドe-VISAでの渡航条件

1-1.インド渡航の前提条件

インド渡航に際し、下記に掲げる渡航前提条件をすべて満たしている必要があります。
※満たしていない場合は、ビザ申請代行はお受けできません。

  • 自国はもちろんすべての国において、逮捕・起訴され有罪判決を受けたことがないこと
  • これまですべての渡航国において、入国拒否や国外退去となったことがないこと
  • 人身売買、薬物取引、児童虐待、女性犯罪、経済犯罪、金融詐欺行為に従事したことがない、また従事してないこと
  • サイバー犯罪、テロ活動、暴動、諜報、虐殺、政治的殺害、その他の暴力行為がないこと
  • テロリストの暴力を正当化したり賞賛したり、他人にテロ行為やその他の重大な犯罪行為を扇動したことがないこと
  • すべての国に対して亡命を求めたことがないこと

1-2.渡航目的

観光や知人訪問 ・観光
・知人や親類訪問
・短期的なヨガ教室参加
短期商用 ・会社や団体の設立
・商品の販売や購入
・展示会参加、技術的な打ち合わせ、商談
・政府プロジェクト参加の専門家
・旅行業者やツアーコンダクター
会議参加 インド政府機関主催の国際会議に参加
※インド政府機関主催以外の国際会議参加は、会議レギュラー(大使館、領事館)ビザを申請します。
※インド政府認可が要らない、企業や団体間のローカル会議参加は、商用eVISAか商用レギュラー(大使館、領事館)ビザを申請します。
短期の病気治療 60日以内の短期治療
短期治療付添 上記短期治療患者の付き添い

申請に必要な書類

※光が反射しているもの・指が写っているものも再提出をお願いすることになります。